記録

 

東都大学野球リーグ戦の記録です。生中継を見逃した方も、こちらから試合の模様をご覧いただけます。

 

駒澤大学 対 日本大 第3回戦 【2015年10月21日】

 

初回、先発の高橋由弥(経2)は先頭打者に左前二塁打を浴びると、制球が乱れ無死満塁の危機を招き1点を先制される。高橋由は3回にも無死満塁の危機を招き、中犠飛で追加点を許しマウンドを降りる。後を任された白銀であったが、三つの四死球でさらに2点の追加点を許す。追い付きたい打線は3回、青地(国3)が本塁打を放つが、同点には至らず。勝負は第3戦に持ち込まれた。

日 大 103 001 000=5
駒 大 001 000 000=1

 

西村亮監督や巻木主将、巻木選手のコメントは、コマスポで見ることができます!是非、そちらもご覧ください。

 

駒澤大学 対 日本大 第2回戦 【2015年10月20日】

 

初回、先発の高橋由弥(経2)は先頭打者に左前二塁打を浴びると、制球が乱れ無死満塁の危機を招き1点を先制される。高橋由は3回にも無死満塁の危機を招き、中犠飛で追加点を許しマウンドを降りる。後を任された白銀であったが、三つの四死球でさらに2点の追加点を許す。追い付きたい打線は3回、青地(国3)が本塁打を放つが、同点には至らず。勝負は第3戦に持ち込まれた。

日 大 103 001 000=5
駒 大 001 000 000=1

 

西村亮監督や巻木主将、巻木選手のコメントは、コマスポで見ることができます!是非、そちらもご覧ください。

 

駒澤大学 対 國學院大 第2回戦 【2015年10月15日】

 

初回、先発東野龍二(商2)は連続安打を浴び4失点。更に5回1死を奪うものの、1点を追加され降板、継投した高橋由弥(経2)も味方のミスもあり2失点、6回途中から登板の白銀滉大(法1)も1点を奪われ計9失点を喫す。好投に阻まれていた駒大打線は8回、長谷川雄飛(法3)の中前二塁打に代打岡田の左越三塁打などで計3点を返すも、追加点を奪うことが出来ず最下位が確定。11月の入れ替え戦に臨むこととなった。

駒 大 000 000 030=3
国学大 400 131 00×=9

 

西村亮監督や巻木主将、巻木選手のコメントは、コマスポで見ることができます!是非、そちらもご覧ください。

 

駒澤大学 対 國學院大 第1回戦 【2015年10月14日】

 

初回、先発東野龍二(商2)はいきなりの連続安打で先制を許す。さらに3回、先頭にソロ本塁打を放たれ、後続も抑えきれずに2点を追加される。その後もピンチを迎えるも、打ち取りなんとか切り抜けた。6回から代わった今永昇太(経4)は気迫の投球で追加点を許さなかった。一方打線は、6回まで恒川大輝(法2)の1安打。終盤も打線は沈黙のまま反撃できなかった。

国学大 102 000 000=3
駒 大 000 000 000=0

 

西村亮監督や巻木主将、東野選手のコメントは、コマスポで見ることができます!是非、そちらもご覧ください。

 

駒澤大学 対 中央大学 第2回戦 【2015年10月7日】

 

 

2桁安打も勝ち越しならず…今季二度目の3連敗 (コマスポより)
1点差で迎えた8回、安打と四球で二死満塁とすると、暴投の間に1点を返し試合を振り出しに戻す。しかしその裏、二番手の今永昇太(経4)は三塁打を浴びるとさらに四球で二死1,2塁とピンチを広げ、失策の間に勝ち越しを許してしまう。粘りを見せたい打線であったが、逆転とはならず、勝ち点を落とした。

駒 大 000 200 010=3
中 大 102 000 01×=4

西村亮監督や巻木主将、東野選手のコメントは、コマスポで見ることができます!是非、そちらもご覧ください。

 

駒澤大学 対 中央大学 第1回戦 【2015年10月6日】

 

投打かみ合わず、勝ち点遠のく (コマスポより)
 2回に先制された駒大は3回、犠打などで二死2,3塁とすると、前田滉平(法4)の走者一掃左安打で逆転する。しかし直後の4回、先発東野龍二(商2)の野選の間に同点とされ、さらに二死満塁の場面で2点を奪われる。再び逆転すべく、向かっていく打線だったが、あと1本が出なかった。

中 大 010 300 100=5
駒 大 002 010 000=2

西村亮監督や巻木主将、東野選手のコメントは、コマスポで見ることができます!是非、そちらもご覧ください。

 

駒澤大学 対 亜細亜大学 第3回戦 【2015年10月2日】


 

チャンスに一本出ず…勝ち点落とす (コマスポより)
先発、東野龍二(商2)は5回、死球で走者を出すと、2塁打を浴び一点を失う。その後膠着状態が続くが8回、一死満塁の場面から四番手で登板した今永昇太(経4)が安打を浴びで追加点を許した。反撃したい打線は8回、林慧(法4)が安打で出塁すると、代打松尾昭典(経3)が中前適時打を放つも逆転とはならず。チャンスを掴みきれず勝ち点を逃した。
駒 大 000 000 001=0
亜 大 000 010 01×=2
【駒】東野―高橋由―白銀―今永ー高橋亮―岡田

西村亮監督や巻木主将、今永選手のコメントは、コマスポで見ることができます!是非、そちらもご覧ください。

 

駒澤大学 対 亜細亜大学 第2回戦 【2015年09月30日】

 

東野完封!雪辱果たし第三戦へ(コマスポより)
初回、米満一聖(市2)の二塁打と相手の野手選択などで無死2、3塁とすると、前田滉平(法4)が左中間への2点二塁打を放ち、先制点を挙げる。7回には2死一塁から恒川大輝(法2)が大学1号となる右越2ランで試合を決めた。投げては、先発東野龍二(商2)が9回7安打完封で勝負を第三戦へ持ち込んだ。
亜 大 000 000 000=0
駒 大 200 000 20 ×=4
【駒】東野ー高橋亮

西村亮監督や巻木主将、東野選手のコメントは、コマスポで見ることができます!是非、そちらもご覧ください。

 

駒澤大学 対 亜細亜大学 第1回戦 【2015年09月29日】

 

投手陣乱調、反撃及ばず三連敗(コマスポより)
 先発の今永昇太(経4)は初回、先制本塁打で2点を奪われると、2,5回には、先頭打者に四球を与え、後続を打ち取れずに追加点を許す。初回の失策により、雰囲気が落ち込んだまま迎えた後半戦。今永からマウンドを託された片山雄貴(経4)は、7,8回に連打と野手の失策で6点を失った。援護したい打線は8回、小川弘輝(法4)の二塁適時打で得点を挙げるも、逆転には至らず。今季最多の7安打を記録するも、うまくつながらず、多くの得点を取ることはできなかった。

駒 大 000 000 011=2
亜 大 210 010 24×=10

西村亮監督や巻木主将、今永選手のコメントは、コマスポで見ることができます!是非、そちらもご覧ください。

 

駒澤大学 対 専修大学 第2回戦 【2015年09月16日】

 

打線つながらず、連敗で勝ち点落とす(コマスポより)
  初回、前田滉平(法4)が四球で出塁すると、二死1・2塁で永山慶志郎(経4)の中前適時打で先制。しかし二回、調子の上がらない先発東野龍二(商2)は安打と四球で満塁とされると、遊撃手の失策で3塁走者が生還し同点にされる。両チーム点が入らないまま迎えた6回、東野は二連打を浴び打者を一人打ち取ったところで高橋由弥(経2)と交代。高橋は捕手の野手選択で一死満塁のピンチを迎え、次の打者に左前適時打を打たれ勝ち越しを許してしまう。打線は2安打に沈み、勝ち点を取ることはできなかった。

駒 大 100 000 000=1
専 大 010 001 00×=2

西村亮監督や巻木周平主将、は、コマスポで見ることができます!是非、そちらもご覧ください。

 

 

駒澤大学 対 専修大学 第1回戦 【2015年09月15日】

 

今永踏ん張れず、打線も1安打(コマスポより)
エース今永昇太(経4)は先発としては復帰後初登板となったが、1回から三者凡退と好スタートを切り、順調に序盤を終える。5回表、一死から安打と二者連続四球で満塁のピンチを招くと、三塁方向への鋭いライナーを三塁手が失策し、二点の先制を許す。その後は好投を見せるも8回に2点本塁打を打たれ、追加点を許す。打線は、1安打完封を許すなどエースのピッチングを支えられなかった。

専大 000 020 020=4
駒大 000 000 000=0

西村亮監督や巻木周平主将、今永昇太選手のコメントは、コマスポで見ることができます!是非、そちらもご覧ください。

 

 

駒澤大学 対 日本大学 第1回戦 【2015年09月11日】

 

延長戦制し開幕白星スタート (コマスポより)
駒 大 001 000 000 001=2
日 大 000 001 000 000=1

 3回、福山慎吾(営3)の犠飛で三塁走者の米満一聖(営2)が先制のホームを踏むも、6回に長打で同点に追いつかれる。8回、二死から前田滉平(法4)が四球で出塁し盗塁を決めるも得点には結びつかず試合は延長戦へ。延長12回、高橋亮介(法3)が安打を放ち、前田の適時二塁打で勝ち越し。開幕戦を勝利で飾った。

西村亮監督や今永昇太選手のコメントは、コマスポで見ることができます!是非、そちらもご覧ください。